2014年05月25日

だいち2号が見守ってくれる

だいち2号が見守ってくれる

陸域観測技術衛星「だいち2号」は地表を観測し、
災害に備える目的で打ち上げられています。




観測用のレーダーは、どんな天候でも地表を観測できる
特殊な合成開口レーダーを搭載。

先代の「だいち」に比べ、
より細かく、より広範囲に観測が出来るようになっています。


この先、5年から7年活躍してくれるようですね。

宇宙から、私達の安全を守る技術に関して、
夏休みの自由研究で調べてみましょう。


災害を恐れるだけでなく、
災害に備えることって重要ですよね。


夏休みの宿題・自由研究に迷ったらこちらがお勧め
  ↓



他にも、夏休みの宿題や自由研究に役立つ情報があれば
どんどん載せていこうと思っています。

また、覗きに来てください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。