2007年01月21日

ジャスダックがロボット企業向け市場を作る?


ジャスダック新市場開設へ、成長性・信頼性を柱に (読売新聞)

ジャスダック証券取引所は20日、先端技術を持つ企業を対象とした新たな株式市場を夏までに開設する方針を明らかにした。

新市場は現在のジャスダック市場と併存させる。バイオやロボット関連などの先端技術を開発してから10年以内の企業を対象に、学者らで構成する新設の評価委員会が成長性を審査する。



投資家にとっても大きなニュースだと思いますが、個人的に気になったのは先端技術の代表的な対象として「ロボット」があげられたことです。


これまでは先端技術といったら、バイオとインターネットが良くあげられていたと思うのですが、今回は「ロボット」です。


どうやら、ロボットは独立して投資対象になるほど普及してきたようです。


そうなると、ロボットは研究室で理想形を研究するだけでなく、どうしたら一般大衆が興味を示すかという、見せ方の研究も必要になって来るでしょう。


楽しいロボットが増えていくような気がして、うれしいニュースだと思いました。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。