2008年09月08日

電気自動車に対応した戸建て住宅

伊藤忠都市開発が電気自動車に対応した住宅を発表した。

伊藤忠都市開発は、地球温暖化防止、
二酸化炭素(CO2)削減への取り組みの一環として
自動車メーカーが2009年度から発売を予定している
電気自動車(EV)に対応した戸建て住宅を、
横浜市の港北ニュータウン「クレヴィアコート北山田」で
2008年秋に発売すると発表した。

電気自動車はガソリン車に比べてCO2を7割削減するとともに、
割安な深夜電力で充電すれば1キロメートルの走行が
1円の電気料金で済むといわれるエコカー。

今回発表された、電気自動車対応住宅には、
駐車場に200Vの充電専用コンセントを設置。

もちろん、ただのコンセントではなく、
ONとOFFが住宅内で操作・予約できるタイマー付きスイッチなので、
戸外に出てプラグを差し込むような手間をかけずに
簡単に深夜電力を充電できる。

これからの常識になるのか、電気自動車。

電気自動車のエンジン部分が気になったらこちら

大人の科学マガジンVol.21 電磁石エンジン です。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。