2006年12月29日

地球外惑星を探す探査機が打ち上げられた

人間住める惑星探せ!仏が探査衛星打ち上げ

太陽系の外にあって人間居住に適した惑星を約2年半にわたり探査するフランスの人工衛星「コロー」が27日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。
 コローによる探査は、仏国立宇宙研究センターや欧州宇宙機関(ESA)が1億7000万ユーロ(約265億円)を投じて行うプロジェクト。地球から4000万光年以上の約12万個の恒星を観測、人間の居住に適した地球のような惑星があるかどうか調べる。


今のところ、太陽系の他の惑星は190個しか見つかっていない、しかも全てガス状の惑星で、地球のような岩盤の惑星は未だ見つかっていないそうです。



「コロー」によって、今後どんどん惑星が見つかることを期待したいと思います。


2006年12月26日

プラスドライバーがあれば製作できる ROBONOVA-I(ロボノバ・ワン) ブラック

ROBONOVA-I(ロボノバ・ワン) ブラック icon
iconicon

人気の二足歩行ロボット「ROBONOVA-1」のブラックバージョンです

全て揃った組み立てキットなので、ロボット製作が簡単に出来ます。

必要なのはプラスドライバーだけ!


<基本スペック>
●サイズ:310×180×90mm
●重量:約1.3kg(バッテリー搭載時)
●トルク:7.4kg/cm(標準6.0Vバッテリー搭載時)
●稼働時間:平均1時間以上(フル充電時※/約60分でフル充電可能)
※バッテリーの消耗状態により稼働時間は変化します。

<製品構成>
●サーボモーター:HSR8498HB×16個
●専用パーツセット×1式
●専用IFケーブル×1本
●バッテリー:ニッケル水素(1000mAh)×1個
●専用充電器×1個
●マイコンボード:MR-C3024(40軸まで対応)×1式
●CD-ROM:ロボットプログラミングツール(2種)×1枚
●ステッカーセット×1枚
●ネジ、小物類×1式


※組立時の工具(プラスドライバー)は、別途ご用意ください。
※プログラミング作業パソコンはWindows搭載機を別途ご用意ください。
※遠隔操縦オプションは別売りです。


<黒だから>

このロボットキットは色黒ですから、暗いところでは目立ちません

明るくするなら、違うカラーバージョンに変えましょう。


<<購入はこちらから>>
ROBONOVA-I(ロボノバ・ワン) ブラック icon

2006年12月25日

ラインを追いかけろ! Cロボ・かたつむりライントレーサー:CRBKT

Cロボ・かたつむりライントレーサー:CRBKTicon
iconicon

タミヤのライントレースロボットをベースに

C言語でプログラムできるマイコンを組み込みました。

※開発ソフト・接続ケーブルは別売です。


特長
●自立型ロボット教材

ロボットの組み立てからプログラミングまで楽しみながら
習得できる本格的な自立型ロボットです。

●標準C言語をやさしく習得できる教材

ANSI標準C言語を使った本格的なロボット教材。
ロボット制御関数が用意されていますので初めての方でも容易に習得可能。
朝学習を始めればお昼にはロボットが動きます。

●繰り返しプログラミング学習が可能

ロボット制御基板のマイコンは10万回書き換え可能な
フラッシュROMを内蔵しています。
繰り返し学習に最適。

●前進・後退からライントレースまで

反射型フォトセンサが付いています。

〔前進〕〔後退〕など簡単なオープンループ制御から
ライントレースなど本格的なフィードバック制御まで
学習が可能です。

●パソコンで開発したプログラムはケーブル1本でロボットに書き込みできます。

ロボット制御マイコンは単電源ISP(インシステム・プログラミング)
機能を内蔵しています。

パソコン上で開発した制御プログラムを
ケーブル1本でロボットに書き込むことができます。
特別な書き込み器は要りません。

●温度測定・音の発生・オームの法則の実験など・・・

理科教材としても威力を発揮します

ロボット制御マイコンは温度センサを内蔵。
温度データをパソコンに送ってExelでグラフを描かせることもできます。

ライントレース用のフォトセンサ以外に最高5個のセンサを接続し、
理科の実験を行うこともできます。

●世界聴診器、スクイークに対応

DAコンバータを使うと、いろいろな音を発生させることもできます。
世界聴診器対応アダプタを別途 1,000 円で用意。


◇ライントレーサー

ライン=線
トレーサー=追いかける

そんなカタツムリを飼ってみませんか?

誰でも体験できる、初めてのロボット製作キットです。



<<購入はこちらから>>
Cロボ・かたつむりライントレーサー:CRBKTicon


2006年12月24日

プラスドライバー1本で組み立て可能! ROBONOVA-I(ロボノバ・ワン) レッド

ROBONOVA-I(ロボノバ・ワン) レッドicon
iconicon


必要なパーツが全て揃ったロボット組立てキット!

プラスドライバー1本で組み立て可能!

人気の二足歩行ロボット「ROBONOVA-1」のレッドバージョンです

<基本スペック>
●サイズ:310×180×90mm
●重量:約1.3kg(バッテリー搭載時)
●トルク:7.4kg/cm(標準6.0Vバッテリー搭載時)
●稼働時間:平均1時間以上(フル充電時※/約60分でフル充電可能)

※バッテリーの消耗状態により稼働時間は変化します。


<製品構成>
●サーボモーター:HSR8498HB×16個
●専用パーツセット×1式
●専用IFケーブル×1本
●バッテリー:ニッケル水素(1000mAh)×1個
●専用充電器×1個
●マイコンボード:MR-C3024(40軸まで対応)×1式
●CD-ROM:ロボットプログラミングツール(2種)×1枚
●ステッカーセット×1枚
●ネジ、小物類×1式

※組立時の工具(プラスドライバー)は、別途ご用意ください。
※プログラミング作業パソコンはWindows搭載機を別途ご用意ください。
※遠隔操縦オプションは別売りです。

<赤いボディ>
赤いボディに意味はあるのか?

そんなことを聞いてはいけません。

意味は、赤いボディを見たあなたが見つけるのです。


≪忘れないで≫

あなたが用意するもの、それは赤いドライバー(?)

いや、プラスドライバー


<<購入はこちらから>>
ROBONOVA-I(ロボノバ・ワン) レッドicon


2006年12月23日

ロボット組み立てキット「Bioloid」をでロボット製作だ!

Bioloidicon
iconicon

■Bioloidとは

専用のコントローラCM-5・DynamixelAX-12・フレーム・センサユニットAX-S1を
ブロックの様に自由な発想で組み立てることができる
ロボット組み立てキットです。

■主な構成

既に単体で販売を開始しているDynamixelAX-12が19個同梱され、
ロボットの関節の位置決め動作や
ホイールの回転動作といった機能を提供します。

出荷時にAX-12の初期設定は全て完了していますので、
配線と組み立て以外の操作は通常必要ありません。

AX-12と同形状のセンサブロックAX-S1には
3つの赤外線反射センサ(反射率や周囲環境の照度を計測)・
音センサ(音の強弱を計測)・IrDAレシーバ(赤外線通信)・
圧電サウンダ(音階やビープ音の発音)が内蔵されており、
Behavior ControlProgrammerにてそれらのセンサの反応を元に
プログラムを分岐させたり任意のモーションを起動する
といった事が自在に行なえます。

コントローラとして専用のCM-5が付属し、
AX-12やAX-S1を専用ケーブルでつなぐだけで接続は完了します。

CM-5には大容量のバッテリが内蔵され、
付属のACアダプタによって充電や運転用の電源を供給する事が可能です。

CM-5とPCの接続は付属のシリアルケーブルにて行ない、
組みあがったロボットのモーションを編集するMotionEditorや
様々な動作条件やシーケンスを編集する
Behavior ControlProgrammerと直接通信を行いながら
編集作業を行ないます。


○どう使ったらいいのか?

ところでこのBioloid組み立てキットの使い方って
写真を見ただけでわかりますか?

たぶん、それなりにロボットに詳しい人じゃないと
わからないでしょう。

だからこそ自由に作れる。
だからこそ楽しめる。

なのかもしれません。


○自由な発想を生かしてください


<<購入はこちらから>>
Bioloidicon


第1回ロボット大賞はお掃除ロボットだった

 経済産業省は、ロボット産業を、世界をリードする新産業の一つに成長させるべく、ロボット実用化に必要な技術開発や安全性確保の取組を進めております。

 その一環として、我が国のロボット技術の革新と用途拡大及び需要の喚起を促すため、「『今年のロボット』大賞2006」を関係機関との共催により、今年度新たに創設しました。

 一次審査により、応募のあった152件の中から、審査委員会(委員長:三浦宏文工学院大学学長)による厳正な審査により、今年活躍し、将来の市場創出への貢献度や期待度が高いロボット10件が、優秀賞として選ばれました。


>>経済産業省 「今年のロボット」大賞2006

ということで、今年活躍したロボットはどんなロボットだったかというと


【サービスロボット部門】
○アザラシ型メンタルコミットロボット「パロ」
○食事支援ロボット「マイスプーン」
○ロボットによるビルの清掃システム

【産業用ロボット部門】
○人共生型上半身ロボット(DIA10)・腕ロボット(IA20) MOT○MAN−DIA10/MOTOMAN−IA20
○人の能力を超えた高速高信頼性検査ロボット

【公共・フロンティアロボット部門】
○遠隔操縦用建設ロボット
○深海巡航探査機「うらしま」
○移動ロボット用の小型軽量な測域センサ URGシリーズ
KHR-2 HVicon
○はまで式全自動イカ釣り機


ということでした。

なんか大掛かりなロボットばかりで、個人が身近に感じられるロボットが少ないような気がしますが、その中で個人でも入手可能な「KHR-2 HVicon」が入っていたのがうれしいですね。


ちなみに、こんなロボットです。


iconicon

2006年のロボット大賞 中小企業特別賞 を取った、KHR-2 HViconを、試してみませんか?


2006年12月22日

科学ニュース1位は「ポアンカレ予想」 サイエンス誌

科学ニュース1位は「ポアンカレ予想」 サイエンス誌

米科学誌サイエンスは22日発行の最新号で、今年の科学成果トップテンである「10大ブレークスルー」を発表する。1世紀あまり数学者を悩ませ続けてきた「ポアンカレ予想の解決」が第1位に選ばれた。


<ポアンカレ予想>
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(3 次元)ポアンカレ予想(ポワンカレ予想とも)(Poincaré conjecture) とは、「単連結な 3 次元閉多様体は 3 次元球面 S3 に同相である」という予想であり、1904年に、フランスの数学者アンリ・ポアンカレによって提出された。現在未解決だが、2002年から2003年に掛けて、ロシア人数学者グリゴリー・ペレルマンはこれを証明したとするプレプリントをarXivに掲載した。それ以来、彼の証明に対する評価は未確定のままとなっているが、彼が実際に証明に成功していたとする見方が有力である。


*********

ウィキペディアでは、まだ未解決とされていますが、今年解決とされたようですね。

数を扱う数学の世界でも、未解決の問題があるって言うのは不思議な感じがしますが、それだけ 奥が深い=面白い ということでしょうか。

科学も常識と思っていることが、本当は完全に解決していないことがあるかもしれません。

いろんな実験を通じて、科学の未解決部分を見つけてみるのも楽しいかも知れませんね。


2006年12月16日

火星の写真を見てみたいと思ったら

火星の最新映像が届いています。

こちらをご覧ください。

http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20338906,00.htm

ここは、セントメリー岬(Cape St. Mary)と呼ばれるビクトリアクレータの縁にある岬だそうです。

なんか、普通に海にきたみたいな感じです。

こんな写真を見ると、火星に住めるんじゃないかって本気で思いませんか?

2006年12月12日

カクテルを作るロボットバーテンダー

オーストリアはウィーンで開催の年次イベントRoboexoticaを知っていますか?

ここで今年注目されているのがカクテルロボットだそうです。

人とロボットのコミュニケーションの形としてカクテルに注目したロボットが登場したようです。

レポートはこちらから
>>http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20338281,00.htm

でも、飲みにケーションの相手としては、顔が無いのが寂しいなっと思ってしまいました....


どう思いますか?


2006年12月04日

ついにロボット専門店が登場した


ついに

ついに

ロボット専門店が登場しました。

その名も

ツクモRobot王国 オンラインショップ


ここに行けば、ロボットの全てが揃うというネットショップです。

ロボット好きなら、絶対知っていなければならないネットショップです。


本体から、パーツから、書籍から....


とにかく揃う!


ツクモRobot王国 オンラインショップ