2005年09月30日

しゃべる犬 登場

犬がしゃべる?
そんなことがあって良いのか?

今度のAIBOは話す!日記を書く!--新色「ハニーブラウン」も発売 - CNET Japan

 コミュニケーション機能が大きく向上し、例えば、オーナーが「どうしたの?」とAIBOに聞くと、「ぼんやりしているの」などと話したり、時には「疲れたの?だいじょうぶ?」と気遣ってくれる。さらにはAIBOが独り言を言うこともあり、そのフレーズはおよそ1000フレーズぐらいあるという。AIBOが話す言葉は、育てる課程で決まる“性格”によって異なるとのことだ。



 でも、AIBOは犬でしょ。
 しゃべってもいいのかな?

 電子ペットは、表情に変化がないので、人と会話が出来ないと、コミュニケーションにならないのだろうけど、出来れば仕草のコミュニケーション能力を強化して欲しかったかな。


AIBO ERS-7M3
icon

icon
icon

2005年09月18日

宇宙へ向かうエレベータ開発中

インフォシークニュース > 検索結果 > 宇宙エレベーターのテスト計画、FAAの認可を受けて、いよいよ上空で実施へ!

米LiftPort Groupは、地球と宇宙空間を結ぶエレベーター「LiftPort Space Elevator」の建設プロジェクトにおいて、実際に上空でテストを実施するために必要な認可を、米連邦航空局(FAA: Federal Aviation Administration)より正式に取得したとの発表を行った。

LiftPort Space Elevatorは、太平洋上の赤道付近に建造される海上プラットフォームをベースにしつつ、カーボン・ナノチューブ製のエレベーターケーブルを、約62,000マイル(約10万キロメートル)上空の宇宙空間へ到達するまで伸ばしていく構想のプロジェクトであると説明されている。実際にエレベーターケーブル上を運行するのは、同社が研究開発を進める「Robotic Lifter」と呼ばれるロボットタイプのリフターとなるようで、人間や資材を積載しつつ、安全かつ手軽に、何度も地球と宇宙空間を往復可能になるという。



 宇宙まで延びるエレベータ開発が本格的にスタートすると言うことです。

 最近、宇宙関連も熱くなってきました。
 スペースシャトル計画以降、宇宙関連では目新しいことがあまりなかった気がしていましたが、どうやら、技術は目立たないところで進歩しているようで、この辺で一気に表に出てくるようです。

 しかも、最近の話題は訓練を受けた特定の人だけでなく、一般人を対象としている感じもあり、これから宇宙が身近に感じられるニュースが増えそうな気配がしてきます。

月の土地(1エーカー)

なんてのもありますし。


でも、何でエレベータだけなんだろう?
一緒にビルは建てられないのかな?